【法廷から】静岡・看護師連れ去り初公判 遺族の声に表情一変

産経ニュース / 2018年11月18日 15時36分

静岡県藤枝市の山中で今年6月、浜松市の女性看護師、内山茉由子(まゆこ)さん=当時(29)=の遺体が見つかった事件で、内山さんを連れ去り監禁したとして、営利目的略取と逮捕監禁の罪に問われた住所不定、無職の伊藤基樹(もとき)被告(28)の初公判が今月9日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)で開かれた。伊藤被告は「間違いないです」と起訴内容を認めた上で、主導役とされた男=当時(39)、自殺=が連絡を取っていた「依頼主」がいたと説明し、拉致に関わったとされる3人以外の存在を示唆した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング