保釈金の決め方とは…ゴーン被告は過去最高か 

産経ニュース / 2019年1月21日 8時1分

起訴された刑事被告人の身柄拘束を解いて釈放する刑事司法手続きの「保釈」。日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)をめぐって保釈申請の成否が国内外で注目されたが、「保釈保証金」の金額も関心を集めている。現在のところ、裁判所は保釈を認めていないが、ゴーン被告が保釈される場合、もらっていた報酬額などから保釈保証金は「過去最高額になるのでは」との観測も強い。果たして保釈保証金はどのようにして決まるのだろうか。保釈決定に携わったことのある元裁判官は「基準は150万円から」と打ち明ける。罪証隠滅のおそれ保釈は弁護人や配偶者などの請求をもとに裁判所が判断し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング