写真

SNSで知り合った少女にわいせつな行為をし、その様子を動画撮影して販売したとして大阪府警が児童ポルノ愛好者グループを摘発した。主犯格の男(41)は、小中学生が好む着せ替えアプリやチャットアプリを駆使し、自身を10~20代の男性と偽って相談に乗るなどして少女を誘い出していた。府警は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング