【衝撃事件の核心】総合病院が横流しの薬 中国では美容効果で人気

産経ニュース / 2019年3月23日 12時1分

肝臓治療の処方薬「ラエンネック」を販売目的で許可なく病院内に保管していたとして、千葉県野田市にある総合病院の理事長が医薬品医療機器法違反容疑で逮捕された。ラエンネックは肝機能障害の治療に用いられるほか、中国などでは美容に効果があるとして高値で取引されており、千葉県警は、中国へ転売する目的で薬を横流ししていた可能性があるとみて裏付けを進めている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング