7万年の歴史を閉じ込めた「年縞」福井の湖底に眠る

産経ニュース / 2019年9月18日 15時11分

福井県の名勝、三方五湖のほとりに「福井県年縞(ねんこう)博物館」(同県若狭町)がある。あまり聞き慣れない言葉かもしれないが、年縞とは湖底に堆積した地層のことを指す。三方五湖の一つ、水月湖(すいげつこ)には7万年もの歴史を閉じ込めた年縞があり、「世界標準のものさし」として使われているのだという。世界最大の厚み45メートル今年9月15日に開館から1周年を迎えた同博物館。2階に上がると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング