人気のカーシェアに落とし穴 “性善説”悪用し無断売却事件も 

産経ニュース / 2019年11月18日 11時26分

会員登録などをした特定の利用者が車を共有して使う「カーシェアリングサービス」の利用者が急増している。不特定多数を対象とした店舗型のレンタカーと異なり、空いていればネット上の手続きで24時間いつでも車を使え、短時間の使用もOKという手軽さが人気の秘密だ。一方で性善説に基づいたシステムが悪用され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング