マスク購入券から見えた地元小売チェーンの強み

産経ニュース / 2020年6月3日 17時1分

新型コロナウイルスの感染拡大で品切れが続いたマスク。自治体の中には独自にマスクを確保し、「マスク購入券」を配布する取り組みを行ったところもあった。マスク購入券を実施できた自治体には共通項があった。地元を地盤にした小売りチェーンの存在だ。マスク購入券拡大マスク購入券は、福井県が先駆けになった。同県は1箱50枚入りマスク60万箱を確保。購入券を4月23~30日に県内の約28万9千世帯に送り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング