セウォル号引き揚げへ、試験作業に着手

産経ニュース / 2017年3月22日 11時14分

【ソウル=名村隆寛】韓国海洋水産省は22日午前、南西部の珍島沖で2014年4月に沈没した旅客船「セウォル号」の船体引き揚げに向けた作業を開始した。試験的な作業を行い、結果を見て同日午後に水面までの引き揚げに移るかどうかを判断するという。この日の作業では、水深約44メートルの海底に沈むセウォル号を引き揚げ用のワイヤで船体を海底から数メートル浮かせ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング