【北ミサイル】韓国、北朝鮮弾道ミサイルの迎撃困難…探知・追跡に専念 イージス艦など総動員

産経ニュース / 2017年8月13日 7時29分

【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が米領グアム沖に向けた中距離弾道ミサイル「火星12」の発射を検討する中、日米韓の3カ国が着々と迎撃態勢を整えている。韓国軍はミサイル防衛(MD)システムによる発射の探知や追跡で重大事態に対処する構えだ。韓国軍は自衛隊同様、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を保有している。ただ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング