【バルセロナ暴走テロ】相次ぐテロ 欧州の苦悩深く 「きょうがバルセロナの番だった」

産経ニュース / 2017年8月18日 21時29分

【ベルリン=宮下日出男】スペイン北東部バルセロナの車両突入テロは、車といった簡単に用意できる手段で繁華街など警備が手薄な「ソフトターゲット」を襲う凶行の恐ろしさを見せつけた。相次ぐテロに歯止めをかけられない欧州の苦悩は深い。「われわれの価値を奪おうとする者を打倒する意思で私らは団結している」。ラホイ首相は18日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング