トランプ氏国連演説のイラン言及に仏大統領「合意尊重しないのは無責任」、イスラエル首相は「かつてない力強さ」

産経ニュース / 2017年9月20日 9時14分

【ニューヨーク=上塚真由】フランスのマクロン大統領は19日、国連総会の一般討論演説で、イラン核合意について「破棄することは深刻な過ちとなり、尊重しないのは無責任だ」と述べた。同日の演説で合意の見直しを示唆したトランプ米大統領を牽制した。また、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮については「対話の扉を閉じることはない」と述べ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング