【ソウル=名村隆寛】韓国大統領府は12日、朴槿恵(パククネ)前政権下の2014年4月に起きた旅客船セウォル号沈没事故をめぐり、当時の報告日誌が後に捏造(ねつぞう)されたことなどを示した資料が大統領府内で見つかったと発表した。任鍾●(=析の下に日)(イムジョンソク)大統領秘書室長の発表によると、資料はコンピューターファイルのかたちで11日に発見された。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング