核兵器禁止条約は「逆効果」 米がノーベル平和賞受賞要因を痛烈批判 日本は24年連続の核廃絶決議案を提出

産経ニュース / 2017年10月13日 10時19分

【ニューヨーク=上塚真由】軍縮問題を扱う国連総会第1委員会で12日、核兵器をテーマに各国が演説し、米国のウッド軍縮大使は、今年のノーベル平和賞の受賞要因となった核兵器禁止条約について、核軍縮の目標に向けて「逆効果となる可能性が高い」と批判、反対の立場を改めて明確にした。ウッド氏は、「核抑止力が国際社会の平和と安全を維持してきた」と強調し、禁止条約は安全保障の課題に反すると批判。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング