【ワシントン=塩原永久】ロス米商務長官は13日、日米の経済関係者の会合で講演し、「日本は決まって自由貿易への支持を述べるが、実際は米国よりはるかに保護主義的だ」と述べ、日本が牛肉に高い関税を課しているなどと批判した。米国が抱える対日貿易赤字の大きな要因が自動車だとし、不均衡解消への努力を求めた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング