【亡命北兵士銃撃】「ここは南ですか」「韓国の歌が聴きたい」 銃撃受けた北兵士が意識回復 韓国紙報道 

産経ニュース / 2017年11月21日 21時29分

【ソウル=名村隆寛】朝鮮半島の南北軍事境界線がある板門店で韓国側へ越境しようとして銃撃を受け、重篤な状態にあった北朝鮮兵士について、韓国紙、東亜日報(21日付)は韓国政府消息筋の話として意識を取り戻し、簡単な言葉を口にするまで回復したと報じた。兵士は18日から自力で呼吸するまでになり、医療スタッフの言葉を聞き取っているようにまばたきしたり、表情を変えたりするなどの反応を見せている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング