【平昌五輪】「政治ショー」に批判噴出 韓国の若者が不公平に「ノー」 唐突なアイスホッケー女子合同チーム、入場行進に統一旗…

産経ニュース / 2018年1月17日 22時14分

【ソウル=桜井紀雄】平昌五輪への北朝鮮の参加をめぐり、韓国政府がアイスホッケー女子の南北合同チーム結成を推進していることに韓国内で反対意見が噴出している。特に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持層であるはずの若者らが強く反発。合同入場行進で国旗ではなく、朝鮮半島を描いた統一旗を掲げることにも保守層を中心に拒否感が根強い。「五輪目前にこうした話が出るのは衝撃的。選手らに間違いなく影響する」アイスホッケー女子韓国代表のマリー監督は16日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング