日本財団がパラオに巡視船など供与「連携の中心に」

産経ニュース / 2018年2月13日 17時59分

【コロール(パラオ)=佐野慎輔】パラオの海上保安体制を支援する日本財団が新たに同国海上法令執行局新庁舎、中型巡視船と専用埠頭を供与。13日、コロールの新庁舎前でトミー・レメンゲサウ大統領をはじめ国家中枢が出席して引渡式が行われた。パラオは世界6位となる50万平方キロメートルの排他的経済水域(EEZ)を有すが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング