【米エルサレム首都認定】大使館移転「5・14」、アラブの傷に塩…米政権、中間選挙へ親イスラエル票狙う

産経ニュース / 2018年2月25日 5時34分

米国が移転を検討しているとされるイスラエル建国記念日の5月14日は、パレスチナやアラブ諸国では、「破局」「大災厄」を意味する「ナクバ」の始まりとして記憶されている。1948年、イスラエル建国宣言の翌日にアラブ諸国が同国へ侵攻し(第1次中東戦争)、そして大敗した。その起点となった日の大使館移転は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング