【中国全人代】内憂外患の2期目スタート 国益擁護前面、「覇権唱えず」は本当か

産経ニュース / 2018年3月20日 20時9分

【北京=三塚聖平】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が20日に閉幕したが、習近平国家主席は同日に行った演説で「中華民族の偉大な復興の実現」を訴え、国益を守る姿勢を前面に打ち出した。ただ、内政では貧富の格差拡大といった深刻な社会問題が横たわり、外交でも米中間の貿易問題など火種を多く抱える。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング