韓国南西部沖で、2014年4月に起きた旅客船セウォル号の沈没事故からまる4年となった16日、ソウル南方の京畿道安山市で、韓国政府が加わっての初の告別・追悼式典が行われた。文在寅大統領は式典に出席せずメッセージが代読され、李洛淵首相が弔辞で安全な国造りを約束した。事故では修学旅行中だった高校生ら299人が死亡し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング