【台湾有情】「一つ」でない豪州の中華系社会

産経ニュース / 2018年4月17日 12時34分

オーストラリア・シドニーの“中国人街”で、台湾人女性が「一つの中国」を理由に嫌がらせを受けたという件を取材するため、現地の商店を訪れた。仏頂面でレジに座っていた「老板娘(女性店主)」は、中国語(北京語)で話しかけると急に愛想が良くなり、中国大陸なまりの言葉であれこれ話してくれた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング