米に中国「軍産一体」脅威論 対中制裁を断行、強硬姿勢の背景に

産経ニュース / 2018年7月12日 19時44分

【ワシントン=塩原永久】トランプ米政権は、ハイテク技術の覇権を狙う中国の産業育成策「中国製造2025」に対抗し、中国への制裁関税を強化する方針だ。強硬策は、米技術の流出防止が目的だが、民間の技術力を底上げし、先進的な軍事技術の獲得につなげようとする中国への警戒感も一因となった。米国では「中国の軍事と民間は一体だ」との不信感があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング