【歴史戦】台湾の慰安婦像、日本側が国民党に撤去要求か 馬英九前総統とも会談

産経ニュース / 2018年8月17日 9時20分

【台北=田中靖人】台湾南部・台南市に台湾初の「慰安婦像」が設置された問題で、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会の沼田幹男・台北事務所代表(駐台大使に相当)が、設置を主導した野党、中国国民党の呉敦義(ご・とんぎ)主席に像の「適切な処理」を求めていたことが17日、分かった。同日付の台湾紙、聯合報が報じた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング