米国の軍用部品売却、台湾が「感謝」表明 今後も継続か

産経ニュース / 2018年9月25日 18時59分

【台北=田中靖人】台湾の総統府の黄重諺(こう・じゅうげん)報道官は25日、トランプ米政権が発表した軍用機の部品売却に「感謝」を表明した。蔡英文政権は金額は小規模ながら、要求から方針決定まで「迅速で効率的だった」(政権高官)と米側の対応を好意的に受け止めている。専門家は、中間選挙や米中の貿易摩擦などの情勢を勘案した上で「さらに売却がある可能性が大きい」との見方を示した。国防部(国防省に相当)などによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング