露骨な北迎合で文大統領の足を引っ張る与党代表 保安法見直し、制裁「解除」誘導

産経ニュース / 2018年10月11日 18時54分

【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対北融和路線がここに来て逆風にさらされている。与党「共に民主党」の李海●(=王へんに賛の夫がそれぞれ先)(イ・ヘチャン)代表の北朝鮮に迎合するような発言が主な原因だ。対北独自制裁の解除を「検討中」だとした康京和(カン・ギョンファ)外相の答弁も李氏が故意に誘導したと批判されている。趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は11日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング