東郷元帥ゆかりの銀杏、英国から“里帰り”計画

産経ニュース / 2018年10月19日 18時49分

英国で1870年代に建造された日本海軍草創期の軍艦、初代「比叡(ひえい)」(コルベット艦)への謝意として日本政府が英国に寄贈し、留学中だった東郷平八郎の宿舎の庭に植えられた銀杏(いちょう)の木を、東郷ゆかりの日本の地に“里帰り”させようという計画が進んでいる。(英南西部ペンブローク岡部伸)英国の郷土史家、デービッド・ジェームズさん(80)によると、初代「比叡」は、英海軍関連の工場があったウェールズ南部ペンブロークで起工。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング