台湾列車事故 製造した日本車両「車両側の原因は分からない」 

産経ニュース / 2018年10月22日 21時34分

台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県で脱線事故を起こした特急列車「プユマ」号の車両は日本製だった。製造した日本車両製造(名古屋市)によると、プユマ号と同様の特徴を持つ車両が日本国内でも数多く導入されているが、これまで大きな事故は報告されていないという。同社によると、プユマ号は、台湾鉄道向けに製造された「TEMU2000型」の8両編成。2013~16年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング