ロス郊外銃乱射 容疑者はPTSDか 沖縄勤務も

産経ニュース / 2018年11月9日 9時49分

【ロサンゼルス支局】米西部カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のサウザンドオークスにあるレストラン兼バーで12人が死亡した銃の乱射事件で8日、容疑者の男(28)が心的外傷後ストレス障害(PTSD)だった可能性があることが明らかになった。地元メディアなどが報じた。警察当局は男の自宅を家宅捜索して犯行目的などを調べている。報道によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング