英議会否決で失望 EUが「早く意図を明確に」と対応要請

産経ニュース / 2019年1月16日 7時34分

【ベルリン=宮下日出男】英国議会がメイ英首相と欧州連合(EU)が合意した離脱協定案を否決したことを受け、EU内では失望と困惑が広がった。ユンケル欧州委員長は15日夜、「結果を残念に受け止める」との声明を発表。3月末の離脱期限が迫るなか、英国には今後の対応について「できるだけ早く意図を明確にする」ことを求めた。EU側は離脱案の再交渉を拒否する一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング