英否決で仏大統領 合意なし離脱なら「最大の敗者は英国」

産経ニュース / 2019年1月16日 9時59分

【パリ=三井美奈】フランスのマクロン大統領は15日、英国がEUから合意なしに離脱することになれば、「最大の敗者は英国になる」と述べた。英下院がEU離脱合意案を否決した後、仏北部での集会で発言した。マクロン大統領は今後の見通しについて、英国が合意なしにEUを離脱するか、EUに合意案の見直しを求め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング