フジモリ元大統領 再び収監か 医師団「服役は可能」

産経ニュース / 2019年1月19日 14時39分

【ニューヨーク支局】在任中の人権侵害事件をめぐり昨年10月に人道的恩赦を取り消され、再収監を命じられた南米ペルーのフジモリ元大統領(80)について、裁判所から委託を受けた医師団は18日、刑務所での服役は可能との判断を示した。AP通信などが報じた。フジモリ氏は恩赦取り消しの決定後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング