ベトナム、米朝再会談ホスト役に意欲 存在感示し中国牽制

産経ニュース / 2019年1月21日 20時39分

【シンガポール=吉村英輝】米国と北朝鮮が2月末頃に行うことで一致した首脳会談の開催場所として有力視されるベトナム政府はホスト役となることに意気込みを示している。それぞれ曲折を経て関係を改善した米国、北朝鮮の仲を取り持つことで存在感を示し、南シナ海問題などで対立する中国への牽制(けんせい)につなげる狙いもありそうだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング