今年の全人代では、貿易摩擦を抱える米国との関係に不透明感もある中、日中関係については経済を中心に改善ムードが目立った。「世界貿易に保護主義が台頭している」。李克強首相は15日の記者会見で暗に米国を牽制(けんせい)した上で、日中韓3カ国の自由貿易協定(FTA)について「全面的で高水準、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング