習近平氏、21日から欧州歴訪 米欧の対中連携にくさび

産経ニュース / 2019年3月20日 18時14分

【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は21日から26日にかけてイタリア、モナコ、フランスの欧州3カ国を公式訪問する。イタリアとは、先進7カ国(G7)で初となる中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関する覚書を交わす方針。米国や欧州連合(EU)が安全保障面で対中警戒を強める中、習氏は巨額投資や市場開放をテコに欧州各国との関係を強化し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング