ノートルダム寺院で大火災 尖塔崩落、パリ中心部

産経ニュース / 2019年4月16日 7時29分

パリ中心部の観光名所ノートルダム寺院で15日、大規模な火災があり、屋根が激しく炎上、高さ約90メートルの尖塔(せんとう)が崩れ落ちた。地元メディアによると、屋根が全焼する勢い。消防当局は周囲を立ち入り禁止とし、懸命の消火活動を続けた。検察当局は出火原因の捜査を始めると明らかにした。死傷者があったとの情報は入っていない。フランスのメディアによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング