ロシア疑惑 米司法長官は大統領の共謀を改めて否定

産経ニュース / 2019年4月19日 1時4分

【ワシントン=住井亨介】バー米司法長官は18日午前(日本時間同日夜)、ロシア疑惑をめぐるモラー特別検察官の報告書の公表を前に記者会見した。2016年の大統領選へのロシアによる干渉疑惑では、バー氏は「ロシアによる干渉はあった」と指摘しつつ、「トランプ大統領の陣営とロシア側との共謀を示す証拠はなかった」と共謀を否定した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング