日露和親条約以前から北方4島日本領 「大英帝国」作成地図で明示 

産経ニュース / 2019年4月19日 12時19分

19世紀前半に英国王付きの地理学者が北方四島=国後(くなしり)、択捉(えとろふ)、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)=を日本領として扱った地図が英国立公文書館で見つかった。地図は英外務省の公式文書として保管。覇権国として「世界標準」を設定していた大英帝国が、北方四島を日本領と定めた1855年の日露和親条約以前に日本領と認定していたと推定され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング