原油禁輸猶予打ち切りでイラン経済に打撃 国民の「制裁慣れ」で強気姿勢

産経ニュース / 2019年4月23日 11時46分

【カイロ=佐藤貴生】トランプ米政権が日中など8カ国・地域に認めてきたイラン産原油の禁輸猶予措置を5月1日で撤廃すると表明したことで、イラン経済が大きな打撃を受けることは確実だ。米政府には、今月上旬、革命防衛隊を「テロ組織」に指定すると発表したのに続き、対イラン包囲網を強化する狙いがある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング