「天皇謝罪発言」の韓国国会議長、セクハラ騒動の末に入院

産経ニュース / 2019年4月25日 14時59分

【ソウル=名村隆寛】「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と語った韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、今度は女性国会議員に対するセクハラ騒動で渦中の人となっている。韓国国会は24日、選挙法などの処理案件指定をめぐり紛糾。性急な法案成立に反対する保守系最大野党、自由韓国党の議員らが文氏の議長室を訪れて抗議し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング