金正恩氏、露との交流行事蹴って帰国…その胸中は?

産経ニュース / 2019年4月26日 20時9分

【ウラジオストク=小野田雄一、ソウル=桜井紀雄】ロシア極東ウラジオストクを訪れた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、プーチン露大統領との夕食会で「抗日闘争」まで持ち出し、露朝の結束を誇示した。だが、翌日には地元が準備したイベントの大半を蹴って早々に帰国する冷淡さを見せた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング