金正男氏、殺害前に亡命政府首班の打診断る「静かに暮らしたい」 関係者が証言

産経ニュース / 2019年5月16日 7時54分

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄で2017年にマレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏が生前、正恩体制に替わる亡命政府の首班を打診され、「静かに暮らしたい」と断っていたことが15日分かった。打診したのは、正恩体制打倒を目指す組織「自由朝鮮」のリーダー格で、正男氏の息子の金ハンソル氏らの保護や在スペイン北朝鮮大使館襲撃を実行したという人物。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング