バノン氏、欧州議会選で極右にテコ入れ 仏与党は戦々恐々

産経ニュース / 2019年5月20日 20時24分

【パリ=三井美奈】欧州議会選を前に、トランプ米大統領の首席戦略官だったスティーブン・バノン氏が極右「国民連合」をテコ入れするため先週末、パリ入りした。マクロン仏大統領の与党「共和国前進」は「選挙干渉だ」と猛反発し、戦々恐々としている。バノン氏は欧州の右派ポピュリズム(大衆迎合主義)勢力を支援しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング