尖閣周辺で43日連続活動 中国公船、過去最長に並ぶ

産経ニュース / 2019年5月24日 19時19分

尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺海域で24日、領海外側の接続水域に中国海警局所属の公船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。接続水域より内側で中国公船が確認されるのは43日連続となり、記録がある平成24年9月以降では最長の連続日数に並んだ。中国は尖閣領有を一方的に主張し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング