日韓外相会談 「凍り付いた雰囲気」と韓国紙

産経ニュース / 2019年5月24日 19時44分

【ソウル=名村隆寛】日韓外相会談では、いわゆる徴用工訴訟問題をめぐる対立が鮮明となった。韓国メディアは24日、河野太郎外相と康京和(カン・ギョンファ)外相による会談の場が「終始、重く凍りついた雰囲気」(朝鮮日報)だったと報じた。康氏は会談で、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の開催を受け入れず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング