【日米首脳会談】ボルトン米補佐官 北ミサイルは「国連決議違反」 トランプ政権として初表明

産経ニュース / 2019年5月25日 12時35分

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は25日、都内で記者団に対し、北朝鮮による今月上旬の短距離弾道ミサイル発射は「国連安全保障理事会の決議違反だ」と語った。トランプ政権高官がミサイル発射を安保理決議違反だと公式に明言したのは初めて。問題のミサイルに関しては、国防総省が9日の声明で「複数の弾道ミサイルだった」と断定したものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング