経済支援でつまづき 政治面の提案さらに困難に 米主導のパレスチナ支援会合

産経ニュース / 2019年6月27日 18時59分

【カイロ=佐藤貴生】パレスチナへの経済支援を協議するトランプ米政権主導の国際会議が26日までの2日間、バーレーンで開かれた。米政権はパレスチナ問題に関する包括的和平案の「政治部分」の公表を先送りし、総額500億ドル(約5兆4千億円)を投資する経済支援策を打ち出したが、米政権に不信感を抱くパレスチナ自治政府が参加を拒否し、アラブ諸国の支持も低調なまま終了した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング