香港社会、亀裂深まる 白シャツ親中派が黒シャツデモ参加者襲撃か

産経ニュース / 2019年7月23日 19時49分

【北京=藤本欣也】中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正問題を機に、香港社会の亀裂が深まっている。親中派とみられる男らが、香港政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官の辞任を求める若者らを襲撃する事件も発生。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は「事態が悪化すれば中国当局が香港に非常事態を宣言する可能性もある」との識者の見方を伝えた。香港メディアによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング