バーレーン、有志連合に参加表明 ホルムズ海峡で

産経ニュース / 2019年8月20日 17時49分

【カイロ=佐藤貴生】バーレーンのハマド国王は19日、米中央軍のマッケンジー司令官と面会し、トランプ米政権が準備を進めているイラン沖・ホルムズ海峡などの航行の安全を確保する有志連合にバーレーンが参加する意向を示した。複数の中東メディアが伝えた。有志連合には英国が参加を表明しているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング