【GSOMIA】米で募る韓国への「怒りと不信」 影響甚大

産経ニュース / 2019年8月23日 14時34分

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が米政府の説得を振り切って日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄し、日韓の対立を安全保障分野に持ち込んだことで、文政権への怒りと不信を募らせている。協定の破棄で今後、日米韓の迅速な情報共有が困難になり、北朝鮮の弾道ミサイル発射や朝鮮半島有事への即応態勢に悪影響が出るのは必至だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング