韓国軍が竹島防衛訓練に突入、規模拡大し名称も変更 対日緊張さらに増幅

産経ニュース / 2019年8月25日 14時24分

【ソウル=桜井紀雄】韓国海軍は25日、韓国が占拠する竹島(島根県隠岐の島町)の防衛を想定した合同訓練を25日から始めたと明らかにした。26日まで。韓国が22日に日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の一方的破棄を決定して間もないだけに、安全保障をめぐる日本とのさらなる関係悪化は避けられない。例年より規模が拡大された上、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング